顧問税理士のサービス内容

顧問税理士とは何か?

顧問税理士のサービス内容顧問税理士とは、委任契約によりお客様に対し一定のサービスを提供する税理士を指します。

税理士と言うと、税金の専門家というイメージが強いですが、顧問税理士となると通常(スポット依頼)の税理士とは一線を画し、依頼者の状況(経営状況・家族状況と様々な状況)を認識している為、税金だけでなく経営・人事に関する相談にものりますし、お客様への思い入れも変わります。

 

 顧問契約のサービス内容

顧問契約のサービスは依頼者の要望や税理士によっても異なりますが一般的には以下のものです。

  1. 税金に関する相談(節税対策等)
  2. 会計指導、記帳代行、給与計算代行
  3. 税金に関する申告及び申請

 

当事務所では、上記の①~③に加え下記④~⑧の対応もしております。

 

①税金に関する相談(節税対策等)

お客様の要望で節税アドバイスは上位項目に入ると思います。

一概に節税といっても、一時的な節税や長期的な節税と様々あります。

当事務所では、お客様に課される様々で税金(法人税・消費税・所得税・事業税・住民税・償却資産税・相続税など)に関し、適切なタイミング・方法をご提案する事を心がけております。

その為にも、顧問契約により日々の状況把握を推奨しております。

 

②会計指導、記帳代行、給与計算代行

会計ソフトや給与ソフトでの処理をお客様側にてされる場合でも、会計・税務・労務に精通してい

なければ正しい処理ができない事が多いです。

その為、当事務所ではお客様側で処理したデータを確認・修正・指導するサービスも行っております。また、お忙しく処理するお時間が無い場合等には、全て当事務所で行う記帳代行・給与計算代行サービスも御座います。

 

③税金に関する申告及び申請

最近では電子申告やスマートフォンでの確定申告が開始されるなど、簡単に行える旨が謳われる事が多くあります。しかし、帳簿作成・決算書作成・申告書の作成等は会計・税金に関する最低限の知識がなければ、正しく申告できない場合もあり、更に有利な税務処理判断ができずに納税者のご負担が多くなる場合があります。

当事務所では、申告書作成から提出(電子申告)まで対応致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

④融資時の相談

事業を行っていれば資金繰りに悩む事は当然にあります。

また、事業資金ではなく納税資金が足りなく納税に困る方もおられます。

当事務所では、そういった融資に関するご相談も承っておりますのでご相談下さい。

 

⑤経営に関する相談全般

事業経営をすれば様々な悩みが生じます。

資金繰りだけでなく、従業員に関する雇用の問題・後継者の問題・勘定(売上)あっても銭足らず(利益)、取引先とのトラブルなどがあります。

当事務所では、お客様の悩みは自分の悩みと考え、親身に相談に乗り解決策をご提案します。

必要に応じて専門士業との連携もしますので、お気軽にご相談下さい。

 

⑥法人設立時サポート

初めて会社を設立する場合・子会社や2社目を設立する場合には法律のルールが異なりことがあります。どの場合でも、当事務所では最善の方法を提案しサポートする事ができます。

 

⑦訪問での面談(頻度はお客様の要望にあわせます。)

お客様の顧問税理士への不満では、『申告時の押印の時しか顔を合わせない』というご不満が多く耳に入ります。

当事務所では、お客様の要望に応じて『毎月』『一定期間毎』『決算前のみ』等と可変的に対応可能です。

 

⑧決算前対策

赤字の場合は必要ないですが、黒字の場合には決算月前に対策をする方が良い場合があります。

当事務所では決算月の数か月前に、要望に応じ決算シミュレーションを提出し、必要な節税を提案するサービスも行っております。

 

⑨税務調査対応

税務申告をすれば、当然税務調査が入る場合があります。

突然、税務署から税務調査に来る旨の電話がありますが、税務署からの電話は『悪い事』や『後ろめたい』事がなくても、心配になったりします。

また、税務調査官は税法に精通している為、調査での質問も素人には難しく難解な場合があり、場合によってはお客様が不利になる事もあります。

税務調査には当事務所の税理士が立会、お客様に代わって調査官と交渉し、追徴課税のリスクを減らす事が可能です。

 

⑩業務効率化サポート

事務所の代表が、元々システムエンジニアである為、業務効率化をする仕組みを提案する事が可能です。リモートでの仕事がしたい・事務作業を自動化したい等があればご相談下さい。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0368224828電話番号リンク 問い合わせバナー